Hot Entry
ファッション雑貨を工夫

遊び心一杯のファッション雑貨

街へ出かける楽しみの一つに、ウィンドウショッピングがあります。デパートであれ、ブティックであれ、その空間全体を演出しているディスプレイの中には、思わず立ち止まって見つめたくなるほど美しいものが少なくありません。しかもそこでメインの製品である洋服よりも、ベルトやバッグ、靴などのファッション雑貨の方に、目が惹かれることがあります。例えば、マキシスカートにざっくりとしたセーターを着せたマネキンに、手作りの味わいある革のショルダーバッグが掛けられていたら、顧客はひょっとして、洋服よりもバッグの方に目が行くのではないでしょうか。

また足元には編上げのブーツ、首には秋の色をふんだんに使った暖かそうなマフラーをしていたら、そのマネキンのコーディネートは、完璧と言ってよいでしょう。ファッションの要諦は、このコーディネートにあるからです。日本でも、和服の時代女性の帯にちょっと顔を出す根付や、男性の煙草入れや印籠は、実用のみならず、大切なオシャレ雑貨だったのです。こうした装いの遊びは、洋の東西を問わず、その人のファッションセンスを示す指標でもありました。最初は実用であった小物に、ちょっとした細工を施し、美や技術を競い合う、こうした人間の営みは、芸術家の心意気に通じるのです。

Copyright (C)2017ファッション雑貨を工夫.All rights reserved.