Hot Entry
ファッション雑貨を工夫

雑貨に求めるいちばんの要素は

現在、83歳になる父はアルツハイマー型認知症を患っています。デイサービスに行くことを嫌がるため、日がな一日家の中に閉じこもり、もともと好きだったお酒を飲む以外、何もすることなく過ごしていますので、完全に依存症になっています。認知症とアルコール依存症の組み合わせは珍しいことではないそうで、確かにその生活を見ていると、なるべくしてなったと言えます。そんな認知症と依存症の状態の家族と暮らすのは想像していた以上に大変で、介護をする家族の心労はかなりのものがあります。そのため最近は、癒しを求めて雑貨を探すことが増えました。

買い物に行くこともままならないのですが、何とか時間を作って出かける事が出来た時は、雑貨店に行ってアロマオイルを買って帰ります。一年前にアロマディフューザーを購入し、ずっと一種類だけのオイルにしていたのですが、最近はその日の気分によって変えたいと思うようになったのです。イライラしている時は、さわやかな中にもレモンの香りが漂うアロマオイルや、落ち込んでいる時は甘い香りで気分を高めるアロマオイルにして、工夫して使っています。等間隔でアロマを含んだ蒸気が出てくると、それだけで癒されますので、雑貨店での欠かせない買い物になっています。

Copyright (C)2017ファッション雑貨を工夫.All rights reserved.